大一大万大吉 中目黒店 〜全国版〜 vol.1


【お詫び】出身地名・楽曲名の表記ミスについて 本製品に記載の文字表記について、以下の通り誤りがございました。 (誤)曲名:道〜Belive myself〜  (正)道〜Believe myself〜 (誤)本間有策 (from 山形県天童市) (正)本間有策 (from 山形県鶴岡市) 訂正させていただくと共に謹んでお詫び申し上げます。 2016年10月06日(木) 株式会社アズプロデュース
大一大万大吉 中目黒店 〜全国版〜 vol.1
■定価 1,000円 (税込)■品番 STAL-0001 ■発売日 2016年10月01日(土)

楽曲リスト

■アーティスト名

那未

■曲名

smile はじまりのうた

■歌詞

桜舞う4月に 僕たちは出会った ありきたりな出会いだと思ってたけど いつからか仲良くなっていた僕たちは 自然と距離を縮めた 夏の夕陽 くしゃくしゃに笑ったり ぐしゃぐしゃに泣いた どんな時でもそばには君がいて 君の笑顔にいつも救われてたんだよ あの空に浮かんでる太陽のように眩しい いつからか感じた 戸惑いや迷いを打ち明けてくれた秋の夕焼け空 涙が頬を伝う 君の横顔が焼きついたまま僕を離さなくて さよならは言わないよ また君の笑顔に会えると信じてるよ 僕だけを見ていてほしい 答えのない夢を追いかけて どうか届くように この声が枯れてもいい この夢がいつからか君の夢になって 離れて暮らす君にこの歌を聴いてほしい 君の笑顔がいつも僕を救ってたよ はじまりのこの歌が今君に届きますように

■アーティスト名

橋口健人

■曲名

残光

■歌詞

月が照らし出した 貴女の面影は 最後のその時を 涙で濡らす 哀しみを映す その月は まだ見ぬ星座を 想ってる 消えかけたその心を 包み込む *この空の中で1人 寂しげな この僕を 微かに残る光が 暖かく 抱きしめる 冬の星座達は 醜さを隠して 互いのその距離を 縮めはしない 名も無い小さな その星は 醜さで僕を 抱き締める 微かにくすぶる想い 照らしてる *貴女と言う名の星の 存在を疑った 届かぬ想いは永遠に その声を失った ~哀しみを映す その月は まだ見ぬ星座を 想ってる 消えかけたその心を 包み込む *この空の中で1人 寂しげな この僕を 微かに残る光が 暖かく 抱きしめる *貴女と言う名の星の 存在を疑った 届かぬ想いは永遠に その声を失った その声を失った

■アーティスト名

KONO

■曲名

Wing

■歌詞

黒く霞んでいく 道の先 眩しかった背中 遠くなって 手を伸ばすことさえ しようともせず 何も言えないまま 目をそらした 戻らない時間と 優しい声を 抱き締めて今度こそ 迷わない あの空を飛び越えて 君にもう一度会えるなら 伝えたいこの歌と かけがえない想い 飛び抜けて遠くまで 傷ついたって痛くない 向かい風乗り越えて 進んでいくよ 夢の軌道の果て 周りのモノ全て 苦悩してた 期待を超えられず 揶揄されて 努力の欠片さえ 認められず 立ち塞がる壁に 行き詰まってた 頬伝う涙の 本当の意味を 噛み締めて今度こそ 前を向け あの虹のその先で 君ともう一度歩きたい 伝えたいこの歌と 溢れそうな想い 飛び抜けて遠くまで 傷ついたって怖くない 向かい風蹴散らして 信じていくよ 自由な未来(あす)の果て 気付けなかった 君がくれたもの 心に刻み込まれた 真実の翼 あの空を飛び越えて 君にもう一度会えるなら 伝えたいこの歌と かけがえない想い 飛び抜けて遠くまで 傷ついたって痛くない 向かい風乗り越えて 進んでいくよ 夢の軌道の果て 信じていくよ 自由な空の果て

■アーティスト名

FUMIYA

■曲名

幸せの涙

■歌詞

涙の意味には、人それぞれで 楽しい時は 自然に零れおちるね あれから僕には 苦しい時が 報われる日が 来ることを願ってる。 何度泣いても、やり直せると 涙が 今 零れおちる、明日へ それでも僕には、支えてくれる 人の温もりが、 「泣きたい時には泣いてもいいよ」 明日を生きるために。 優しすぎること、弱さの証。 強すぎればそう傲慢だなんて考えてた。 人に嫌われて、恋しくなって 深夜のLINE 見返して笑ってた。 未熟な僕に 教えてくれたね ばかだな ほら 目の前には 君がいる。 現在(リアル)を見つめて 弱さを見せる 君の胸の奥、 あなたの心に助けられてる、 「ありがとう」 忘れないよ。 歌い続ける。 幸せの、涙流して 初心の気持ちと感謝の言葉 忘れないように 零れる涙は無駄なんかじゃない 強さと優しさで

■アーティスト名

本間有策

■曲名

道〜Believe myself〜

■歌詞

君の目の前にあるこの道 果てしなく続いていくこの道 この先に何があるのかなんて 分からないから楽しみって思わないか? 君の目の前にあるこの道 果てしなく続いていくこの道 ゆっくりでいい 1歩1歩 大事に自分の足で歩こう くじけてもいい 泣いてもいい でも忘れないで その歩みを止めないで 君の進む道は 果てしなく続くだろう どんな事があっても 僕は君を裏切りはしないよ 君の目の前にあるこの道 果てしなく続いてくこの道 「将来がすごく不安なんだ」って 君は言うけど 不安じゃない人なんかいないって 思わないか? ボロボロになって 心疲れたら 少し休んで さあ また歩けばいい 君の進む道は 果てしなく続くだろう どんな事があっても 決して自分を責めちゃ イケないよ Believe myself Believe myself 君の進む道は 果てしなく続くだろう どんな事があっても 僕は君の味方さ いつまでも La La La… Believe myself Believe myself

■アーティスト名

なつ実

■曲名

soluna

■歌詞

You could have more confidence in your self 光を掴んでいこう You are not alone 何を思っているの? 一人で何を抱えているの? たいくつな心房に 納まらないでよね 一歩踏み出して 君の想い教えて 窮屈な箱から 出てみて 大丈夫だから 怖くないよ このまま時間(トキ)が止まれば… 幸せでいられるの? 止まった時計見つめて 君が針廻すの You are not alone 未来へ 辛く悲しく苦しく 自分をせめてボロボロになって そんな自分が嫌いになって情けない それは強くなっている証 大丈夫 あともう少し勇気を出せばいい 手に届くよ ほら目の前だよ Your smile lights everybody up like the sun もう大丈夫だね 負けない心があれば 新しい未来が見えるよ You are not alone ヒカリへ 一歩踏み出して 君の想い教えて 窮屈な箱から出てみて 大丈夫だから 怖くないよ You could have more confidence in your self 光を掴んでいこう 負けない心あれば新しい未来が見えるよ You are not alone

■アーティスト名

Yuchi

■曲名

空 ~tenshi~

■歌詞

あとどれくらい 時が経てば 愛しい笑顔に逢えますか? あとどれくらい 時が経てば 君の元へ辿り着く? 昨日 笑ってた君は 今日はどうしてなぜ居ないの…? 永遠の別れとは2度と 抱きしめられないことと気づいた 遠い昔に描いてた 君の未来や夢と幸せ そんな小さな願いも 花びら舞うように寂しく散ってった この果てしない哀しみを 越えて来たから君が居る この果てしない哀しみが 強さに変わる宝物 例え遠く離れても 心の繋がり感じてる いつか必ず巡り逢える 行きゆく意味を心に抱いて 遠い昔を想いながら また同じ時を刻んでみたい そんな大きな願いが 蕾となりまた花を咲かすでしょう 君の声を想い返す 時には涙も溢れてくるけど 忘れぬようにと瞳(め)を閉じて 儚く散った花に命を 今日も空を見上げると 君が近くで微笑んでるようで そんな愛を抱きしめて 大切な君に出逢えて ありがとう…

■アーティスト名

Sena

■曲名

speed on

■歌詞

強(こわ)がらないで 恐れないでいいよ 流れに身を任せ 延々と 淵の淵まで行こう 心の行くままに ブレーキ壊して エンジンかけて スピード狂った 心で吐き出して! 欲の思うまま 君の望むまま 駆け抜けていいんだ 理性せき止め 欲望剥き出しで いつまでも どこまででも 空の空まで飛び出していく 指先が 届かない場所があっても 声は届くはずさ 壊せない 壁があったとしても 飛び越えればいいさ 箍(たが)を外して 限界超えて 暴れ騒いだ 心を響かせて! 君の思うまま 君が望むまま 翔びだしていいんだ なにも考えずに 止まること知らずに いつまでも どこまででも 地の果てまで届いていく 行く手を阻む 茨の道も 君の心で 燃やし 尽くして 欲の思うまま 君の望むまま 翔びだしていいんだ 理性せき止め 欲望剥き出しで 叫んで 空の空まで飛び出していったら 君の思うまま 君が望むまま 心の声を響かせて とめどない音は 止まること知らずに 地の果ても 空も彼方へ いつまでも 届いていく

■アーティスト名

Lily

■曲名

once again

■歌詞

君といた季節たちだけが 色を変えてまた歩き出す それが二人の終わりを教えて 会いたい会いたい 幾度も降り積もる 始まりを告げた春の夜 私の目に映る君に言葉なんてみつからずに ただみつめて離せない瞳に気づいた 重ねて会った日々をまとう風 見える景色が色を染め 流されるまま辿り着いた 二人の先 涙に濡れても… 何度も願ったのは「そばにいて」 いくつも言葉並べ確かめても 何一つ届かないよ君との距離 好きだよ 好きだよ 好きだよ 今でもずっと 隠したままで消せずにいた想いは 委ねて移ろい揺れてる日に似ているけれど 残った跡だけ今を知らせてる 微かに香る懐かしい風 ふと君がいる気がしても どこかを見てる横顔を いつも私見つめていたから 戻れない時の中で置き去りの思い出 言葉だけが手を引いて いつでも明日を見る目 塞いでく 何度も何度も何度も涙を零した これからも先を見据える 二人には要らないものが多すぎて 言葉さえも許す事が出来ず手を離した 何度も願ったのは「そばにいて」いくつも言葉並べ確かめても 何一つ届かないよ君との距離 好きだよ 好きだよ 好きだよ 今でもずっと 二人で残したもの 心には いつでも灯ともし 生きてるから 変わらない想い 伝えるよ 好きだよ 好きだよ 好きだよ 届くように…

■アーティスト名

豊山翼

■曲名

最期の約束

■歌詞

桜散り行く春の日 お祖母ちゃんが天国へ逝った 何気ない日々 昨日までは元気に笑っていたのに すぐからかったり脅かして笑わせるのが好きなお祖母ちゃん もう会えないとか言わないでよ 一人じゃ生きていけない 大好きだったお祖母ちゃんが 綺麗な顔をして眠ってるけど 受け止めることできなくて 涙が止まらない 止められない 小さい頃からいつも お祖母ちゃんといる時間(とき)長かった 学校上がり いつものように 「おかえり」微笑んでいた なにかやらかすと その度に「次からはするな」そう言って 「約束」と言って交わし合った 堅い指切り元万 憧れてた自分の夢 背中を押してくれたお祖母ちゃん 「絶対、実現するんだ」と 指切りをしてまた約束した 天国(そら)に旅立って逝ったその日に 憧れてた夢の晴れ舞台 この瞬間(とき)を待ってたように あまりにも突然に、、、 「ありがとう」お祖母ちゃんの 孫にしてくれたこと 心から 叶えるから お祖母ちゃんと指切りをした「最期の約束」 「会いたい」でも お祖母ちゃんの今までの苦労を無にしないように 羽ばたいていくよ その未来(さき)で逢えると信じてる いつの日にか、、、

■アーティスト名

村瀬 光

■曲名

まだ見ぬ光が僕を待っている

■歌詞

ひとりぼっちの生活も慣れて ただいまを言う相手もいなくて それでも何か期待していたり それでも夜風(よかぜ)は僕に優しい 道端で光る自販機だって 誰かを救うこともあるだろう 笑い声とため息が混じった 深夜のコンビニ寂しさ襲う 今より前に踏み出して行こう 新たな扉に手をかけよう 「僕の中の光を見つけたくて 漠然とした願いを抱えて 今夜も一人月に願ったら まだ見ぬ光が僕を待っている」 昨日までの僕がいた道 今日はなんだか小さく見えたんだ さっきまでの僕がいた場所 今はかけがえのないタカラモノ あすへの道筋たどって行けば 未来の扉につながってる 「遠くで光るあの月を見つめて 今夜も一人何かたずねてみる 静かな夜風が教えてくれた まだ見ぬ光は今は遠くにある」 月の明かりに照らされ まだ見ぬ光の方へ 掴まえた希望を投げかけてみると 虚しい気持ちだって あすへ響き渡って 確かな想いが一つに重なりあってく 「遠くで光るあの月を見つめて 今夜も一人何かたずねてみる 静かな夜風が教えてくれた まだ見ぬ光は今は遠くにある」 「僕の中の光を見つけたくて 漠然とした願いを抱えて 今夜も一人月に願ったら まだ見ぬ光が僕を待っている」

■アーティスト名

Do you

■曲名

You are special to me〜あなたとの出会い〜

■歌詞

いつだろう 2人が 出会ったあの場所yey こんなにも 心が騒いだよ あの時の 僕は まだまだ子供だった 変わりたい 今なら変われるよ あなたと出会って 僕の全てが変わったよ この想い胸に 過去の僕にサヨナラ言おう 伝えたい事がある 照れて直接言えないよ 穏やかな風に吹かれ 今僕は思うよ どうしようもない僕だけど 今まで以上に 僕にとってあなたは 特別でいてほしい いつ見ても あなたは出会った頃のまま それでも 惹きつけるその姿 笑う時 その八重歯 愛し過ぎてもう こんなにも 美(いと)し過ぎるあなたよ これからこの先も 僕はあなたを想ってる 果てしない空に 僕の 想い 君に伝える どんな遠くにいても 僕はあなたを想ってるよ この先何があっても 今あなたに届けたい いつになるかわからない だけどね僕は もっと男になって あなたに見て欲しい あなたと出会って 僕の全てが変わったよ この想い胸に 過去の 僕に サヨナラ言おう 伝えたいことがある 照れて直接言えないよ 穏やかな風に吹かれ 今僕は思うよ どうしようもない僕だけど 今まで以上に 僕にとってあなたは 特別でいて欲しい

■アーティスト名

春香

■曲名

君に伝えたいコト

■歌詞

全てを捨ててまでも 手に入れたい 夢が僕にはある テレビに映るsuper star にらみつけて 君はそう僕に言った あの時の君は 何故か少しだけ 輝いて見えた 僕の胸が熱くなった 君に伝えたいコトバ 今この胸にあふれた 「ガンバレ!諦めんな!」 単純なコトバだけど 君の夢が叶うコト 本気で願っているんだ 僕はね 君の笑顔を見たいんだ あの時 うつむいてた 君の涙 気づいていたんだよ それでも かけるコトバ 見つけられず 僕は知らんぷりで 夕日に照らされた 君の泣き顔は とても切なくて 僕の胸を締め付けた 君に伝えたいコトは とてもたくさんあるんだ コトバにするのはチョット難しいケド ガンバレとかそんなんじゃない 諦めんなとも言わない それでも君の笑顔を見たいんだ ねぇ 僕はいつも 君の味方でいるケド 果てしない夢に 傷つきながら向かって行く君を 見てられないんだ 君に伝えたいコトは とてもたくさんあるんだ コトバにするのはチョット難しいケド ガンバレとかそんなんじゃない 諦めんなとも言わない それでも君の笑顔を見たいんだ

■アーティスト名

ケイチfromDiff(フロムディフ)

■曲名

4つの言葉~大切な人に捧げたい

■歌詞

あの日伝えていたらどう変わったのだろう? 僕の率直な気持ち一つなのに… 真っ暗な部屋の中 音楽が唯一の光 迷いを引きずりながら新たな物語始まる 誰もが優しく声をかけてくれて そう 次第に笑顔芽生えた 「ありがとう」と「ごめんなさい」誰もが持ってる凄い力(パワー) 大切な人 沢山いるから 歌と共に捧げたい いつも迷惑ばかり うそも沢山ついてきたね こんな僕なのに… 見捨てる事なく側にいてくれたよね そう 癒しが一つ世界に増えたよね 音楽と大切な人が一つに繋がったよね 「愛している」と「さようなら」矛盾してるようで言えないけど それが前進させてくれて きっかけを与えた いつかきっと叶う 例え現実を見ろって言われても曲げられないこの気持ち… そう だから君は最後に 「ありがとう」と「ごめんなさい」「愛している」と「さようなら」 世界で一番使われてる 合言葉のような 辛い時も 嬉しい時も 嬉しい時も 人それぞれ違うよね この4つの言葉を永遠に使い続け君へ

■アーティスト名

林よしゆき

■曲名

足を止めないで

■歌詞

心のボロギレ つなぎあわせて 大河を渡る 命綱とする 結び目は すぐほどけるから 運命委ねて 恐れずに進め 足を 足を 足を止めないで 背負う荷物 重けりゃ置いてゆこう 足を 足を 足を止めないで 回り道をしても構わないさ ルラルラ ルラルラ 心のドアを 強く叩いて 新しい世界へ リズムも刻む 何が起こるか わからないから 瞳開いて 目はそらさない 足を 足を 足を止めないで 背負う荷物 重けりゃ置いてゆこう 足を 足を 足を止めないで フラフラしながら独り駆け抜けろ ルラルラ ルラルラ 足を 足を 足を止めないで 背負う荷物 重けりゃ置いてゆこう 足を 足を 足を止めないで 回り道をしても構わないさ 足を 足を 足を止めないで 背負う荷物 重けりゃ置いてゆこう 足を 足を 足を止めないで フラフラしながら独り駆け抜けろ ルラルラ ルラルラ